刑事裁判を大まかな流れで表すと、冒頭手続、証拠調べ手続、論告求刑、最終陳述の順で手続きが進められていきます。

冒頭手続では、裁判官が被告人に氏名・生年月日・本籍地・住所・職業などを尋ねて被告人本人であることを確認する「人定質問」、検察官が起訴状を読み上げる「起訴状朗読」、裁判官が被告人に質問への黙秘権があることを伝える「黙秘権の告知」が行われ、その後、裁判官が起訴状に書かれている内容に間違いがないかを被告人に尋ねる「罪状認否」が行われます。

証拠調べ手続は、被告人の生い立ちや犯罪に至る経緯や動機、犯行時・犯行後の具体的な行動、身柄確保後の状況などを検察官が詳細に述べる「冒頭陳述」から始まります。
検察側は冒頭陳述の内容に基づき、被告人の犯行を立証するための証拠品や被告・証人の証言をまとめた文書(調書)を提出しますが、弁護側がこれを認めずに被告人の無罪を立証できる証拠を提出できる場合には、検察側・弁護側双方が被告人の有罪・無罪を立証するために、法廷に証人を呼んで尋問したり、証拠品の鑑定を依頼するなどして裁判官に証拠の正当性を主張し、法廷で争うことになります。

証拠調べ手続が終了したら、検察官が最終的な意見を述べて被告人に与えるべき刑罰を具体的に示す論告求刑を経て、弁護人・被告人が最後の意見を述べる最終陳述と進み、裁判はすべて終了となります。
以上のような流れで刑事事件の裁判は進みますが、通常、裁判終了後から1~2週間で判決が言い渡されます。